BIG FAMILY

地域が大きな家族みたいになったらイイな☆と、真剣に考えてる会社です。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年02月
ARCHIVE ≫ 2015年02月
      
≪ 前月 |  2015年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ダメリレーのバトン。

観ていてもぉ、哀しくなってしまいました。。

チャレンジタッチTVCM「ちゃんとはねよう」篇


わかりますよね。
どっこも教えてませんよ。


ダメ。ダメ。ダメ。。

ダメを避けるための学習でしょうか?

ダメのバトンを貰った子どもは、素直にそれを握りしめながら、走るでしょう。

先生とか親って、絶対的存在だから。


そしていつか、そのダメのバトンを誰かに渡す時が来るのかも知れません。

どうしましょうか?
そうならないように、何を避けましょうか?


いえいえ。
ダメのバトンを繋げないための策ではなく、子どもが好きなコトや、チャレンジしたコトを褒めてあげましょう。(ちょっと、ちゃれんじさんへ配慮。笑)



ちゃれんじさんを悪く言うつもりは、全くありません。
生きる力を育む、共育が、子どもたちの大好物です。







スポンサーサイト

そだちゆくあなたへ

『育ちゆくあなたへ』

 
 子どもの成長と共に、社会が育てられています。子どもが育つと言う、社会の成長は、とてもシンプルな方法で作るコトができます。それは、

「自己肯定感を育てる」コトです。自己肯定感とは、自分を好きになるチカラです。

大人の育てたい気持ちより、子どもの生きるチカラを、尊重してあげましょう。

自己肯定感は、褒められるという日常の学習経験の中で育ちます。
 

 子育ては、役割や使命ではなく、贈り物です。子どもたちに、伝えたいコトを、贈り物として、届けてあげましょう。そして、子どもが成長すると共に広がっていく社会も愛しましょう。


 子どもの成長と共に、育ちゆくあなたに、再び自ら育つ『場』がやってきましたね。

いつもじゃない、今日。

今日は、大勢の人の前でプレゼンをしてきました。


私のコトを、全く知らない人の前で、、自分のコトを話す。

いつもは、私の活動や、私のコトを知っていてくれる人と関わりを持って生活しているのですが、
今日は、スーツを着た男性20人。

見慣れない風景と、空気感に、若干の違和感やらAway感。。

私の経験上、気持というのは自分だけでなく、相手にも多少の共通意識が共有できている時に、伝わりやすい。

今日は正に、そんな感じでした。笑



そして、5分間のプレゼンを終え、質疑応答タイム。

数人の方からの質問や提案を受け、無事終了。。


自分では、たくさんの思いを伝えた達成感でいっぱいでしたが、
プレゼンの最中の皆さんの表情から、感じた事は、、

・そーか。自分のやってきた活動って、わかりにくいンだ!
・自分が何屋なのかを、もっと明確にする必要があるンだ!


日常生活の中にある、気の知れた仲間と、子育て支援に関する人たち。
そして、ブログやツイッター、フェイスブック、インスタグラム、、などを通して、
知り合った世界。。

自分を知ってもらうには、早く的確に楽しく伝えれるツールとして、十分だと感じていました。


しかし、違うンですね。。

今日、私がお会いした方たちは、、

私のコトを、サッパリ知らない方ばかりだったのです。

だから的確に、誰で、何屋で、何をしたいのか!を、使える必要があったのです。

変な話し、それだけのコトを的確に伝えようとする時は、

人の魅力でさえも、邪魔になる!笑

これは、大きな学びとなりました。



知っている人のテイで、進む話しではなく、知らない人がどれだけ興味を持ってくれるのか!


広いと思っていた自分の世界。

逆に、タブーで無理で難しいと思っていた、知らない人への働きかけ。

この2つの車輪を上手く回すコトで、子育て支援活動が動き出すのかも?


そんなコトに気付けた、いつもじゃない、今日でした。
プロフィール

BIG FAMILY

Author:BIG FAMILY
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。