BIG FAMILY

地域が大きな家族みたいになったらイイな☆と、真剣に考えてる会社です。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年04月
ARCHIVE ≫ 2014年04月
      
≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

04/26のツイートまとめ

hoikuya

RT @dandadasi: 子ども・子育て会議基準検討部会(第19回)で、事務局から提示された保育職人件費の仮単価(その他の地域)。子ども子育て新制度下での、生涯賃金が見えてきます。 http://t.co/9abxDIXkPL 「所長:約440万、主任:約410万、保育士:…
04-26 10:51

子育て支援に関して、色々なアイデアが浮かぶ。でも、笑っちゃうくらい運営が厳しい。保育畑に22年。託児所を始めて15年。途中、会社法人にもしてみたが、やはり体質がNPO法人だというコトに気付いた。気付いたコトと、わかっていながら取り組んでいなかったコトを潰していくぞ!
04-26 10:44

スポンサーサイト

4月のサンタマーケットを終えて

サンタマーケットは、1年中サンタがやって来るというイベントです。

誰かが、誰かのためのサンタクロースになれる。そんなコンセプトで、毎月24・25日に開催しています。


4月 24(木)・25(金)。春のポカポカ陽気の中、サンタマーケットを開催しました。

朝一で、足を運んでくださった街のサンタさんは、着なくなった子ども服を、紙袋に3つ!!!入れて持ってきてくださいました。

そして、手作りのお団子も持って来てくださいました。

そして、子育てについて、自分の生い立ちについて、自分の家族について、子どもの成長と共に広がっていく社会について、、、託児所の保育士も加わり、たくさんたくさんお話ができました。

私たちが配慮している子育て支援の在り方は、慰めない育児相談です。

本人の気持ちを十分に受け止めるコトを大切に考えています。

相談から広がっていく話には、ゴールや行き先を決めません。話が湧き出るように配慮します。


そして、ホントは誰に何を伝えたいのかを、一緒に考えて行きます。



そう。サンタマーケットは、物だけの交流会ではなく、気持ちを受け取ったり、贈ったりするプレゼントも、

皆が集まるコトで生まれています。



【今月現れたまちのサンタクロースさん】

★団子サンタ
★ダンボールサンタ
★自転車サンタ
★食器サンタ
★衣服サンタ
★絵本サンタ
★子育てママさんサンタ
★保育士サンタ
★アーモンドサンタ

ご協力、ありがとうございました!




今回のサンタマーケットで1番盛り上がったテーマは、、、

『群れない私』

でした!笑  ママ友との交流が、とても苦手なの!!って、内容です^^;

①長い立ち話には興味がない!
②人の悪口を聞くのはウンザリ! 
③授業参観で授業中の写メを撮るって、どう言うコトよ!


コレって、意外と多いと思うンですよ。

こう言うコトをおしゃべりするコトで、自分のある部分に気づいたりもするので、

今度また、まちの保護者会を、開いてみたいなと思いました。



来月5月のサンタマーケットは、24(土)・25(日)です。

土日なので、ちょっと何か、面白いコトを考えてみたいと思います^^




来月も、何サンタがやってくるのか、楽しみです☆

※子育て支援募金にも、ご協力いただき、ありがとうございました!




04/23のツイートまとめ

hoikuya

RT @teruchika_OSADA: 不安は未来からやってくるのではなく、過去からやってくる。自分は「いまここ」にしか存在できないのに、虚ろな目で、心を過去や未来に飛ばしている。どうすれば「いまここ」につながっていられるのか? これは「場づくり」の大事なところ。自分の内側へ…
04-23 09:36

4月のサンタマーケット



24日(木) 25日(金)に、今月も開催いたします。

時間は両日共、10:00~16:00

会場:community cafe hanare
(愛知県田原市赤石1-19)


今回は、、、

・子ども用自転車
・食器
・衣服(デニムがたくさんあります)
・絵本
・リュック
・帽子

などなど、色々揃っています~

まちのサンタさんからお預かりしたプレゼントを、地域の皆さんに無料でお渡ししてます。


誰かが、誰かのためにサンタクロースなれる、この企画。
使わなくなった用品を、いつでも受け付けております。どうぞよろしくお願いします(*^^*)

遊びが育てる子どもの未来 ~遊びマネジメント~

主催の株式会社イトコーさんに声をかけていただき、
地域の皆さんと、子育てについてお話ができる機会をいただきました。



テーマ 『遊びが育てる子どもの未来』 ~遊びマネジメント~


「遊び」には、無限大の可能性が隠れています。
子どもの遊びって、どこからどこまで?
子どもの発達段階に沿った遊びの広がりや、遊びの受け止め方など、をわかりやくすお伝えします。


①【遊びの分別】

探索・模倣・制作・想像・運動・繰り返し、、、など、先ず遊びの種類には何があるのかを、私たち大人の体験談も交えながら、考えていきます。

②【なぜ遊びは大切なのでしょうか】

心身の発達段階を目安に、遊びの中で育つ社会性や、子ども社会のコミュニティーについて、わかりやすくお話します。

③【やわらか頭で遊びをマネジメントしてみましょう】

・世界の遊びの様子を紹介
・「子どもの心が育つ」に立ち会う子育てを
・遊ぶになる


質疑応答&育児相談等も取りたいと思います。

申し込みや、お問い合わせなどは、イトコーさんの方へお願いいたします^^
イトコーさんのホームページを、ご覧ください。


4月27日(日)10:00~12:00 

お待ちしております♪

SNSで育つ、共感力と疎外感

「私は、子育てに関する情報を、1日に30件ほどチェックし、勉強しています。」

「私は、食事にも関心があり、健康的な心を育てるのは、食事だと考えています。」


これは私の日常なのですが、この文章を呼んで違和感を感じた方はいませんか?

どちらも、サラリと文章になっていますが、ちょっと引っかかる方もみえると思います。

それは多分、量や数字を強い表現と捉えた方と、共感はできるのに、他人の多様性を受け入れる事が得意でいない方。
人の思考癖を、種類別に分けるのはナンセンスな話ですが、人の心の動きを見える化する事で、
多様性を知るきっかけに出会えます。


発信者と受け取り側は、情報をお互いが気持ちよく自分自信に落とし込めれば良いのですが、なかなかその様なケースは少ないです。


良い!伝えたい!知ってほしい!これは絶対だめ!当然!

良いモノを良いモノとして伝えるには、これでは伝わりにくい事が多々あります。
受け取り側が引いてしまう表現は、その『良い事柄自体』に、真実味や興味関心を無くしてしまいます。


自分が1番伝えたい事は何でしょう?
それを、贈り物として考えてはいかがでしょう?

コトバを投げ放つのではなく、届けるイメージで。




任意団体を設立しました。

これまで16年間、子育て支援活動として取り組んできました業務を、任意団体に切り替え運営していく事になりましたので、ご報告させていただきます。

任意団体名 「子育て劇団 ワラベウタ」
ゆくゆくは、NPO法人を取得する予定です。


【これまでの取り組み】

・託児
・出張保育
・育児相談
・子育て情報番組おちゃっと
・サンタマーケット
・イベント出店
・講演会



~これまでの取り組みも継続しながら~


【新しい取り組み】

・子育て人材育成
・まちの学校(リニューアル)
・病児保育
・家事サポート
・訪問保育
・居場所づくり
・畑活動
・コミュニティデザインプロデュース



子育て世代に限定しない、育ち合い支援活動に取り組んで行きます。


任意団体となる事により、地域の皆さんの誰もが参加していただけるようになります。
私たちが16年間で経験してきた、育ち合う子育ての素晴らしさを、多くの方に感じ取っていただきたいのです。

福祉や子育てを、預かるとか預けるなどと言う2方向で考えるのではなく、


育ち合う 子育て
 を意識した学びの場を、育てていきます!


これからも、どうぞよろしくお願いいたします!
プロフィール

BIG FAMILY

Author:BIG FAMILY
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。